このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月14日日曜日

「99%の会社はいらない」

ドトール会で、過去、日本のサービスや製品・企業をテーマに論議をした経緯を踏まえ
近年の日本人の中でも特異な人間ホリエモンこと堀江貴文氏にフォーカスを当て、
最新著書の「99%の会社はいらない」を今回取り上げることにしました。

ホリエモンといえば、
テレビやネットでこれでもかという位に露出してたりするので、
彼の言っている言葉を耳にした事はあっても、
対価を払わない限り、メルマガや著書で書かれている肝心な内容というのは、
降りてこないんじゃ?という思いがあり、期待値をMaxにして読んでみた訳です。

著書の中で下記を含む例を挙げているのですが、
その内容を紐解いていくと、今の彼のスタンスが垣間見えてくる気が。。

・本当に「会社」は必要なのか?
・自分の仕事が減るのが怖い
・日本からイノベーションが生まれない理由
・「最適化」で面倒な仕事を減らす
・システムがあれば感情論は要らない
・修行する時間があれば情報収集を
・キングコング西野にみる、惹きつける力
・人は「スキル」に惹きつけられる
イノベーションのジレンマと、本当の幸せの定義

彼は話の冒頭で「99%の会社はいらない」の結論に近い事を、
いきなり書いてしまってるんじゃないかと思わせてくれたりします。

「会社という不思議な枠組みのせいで”がんじがらめ”になってしまうことの方が多い」

この煩わしさを引きずってしまっていたが故に、遠回しに「会社はいらない」とこの著書で書いてるのではないでしょうか。

例えば組織が「書面の電子化」を採用し、印刷物の廃止を決断した場合において、
その組織の中で仕事を無くす人が出てくるという例があるのですが、
従来の古びたシステムからの改善により、新たなリソースが生み出されているというのに、
それを良しとせず、対応することに億劫になったり、自分の仕事が減るのが怖いから、
新しいものを拒むという内容です。

おそらくホリエモン自身がライブドアであった話が例となっていて、
自身の思惑とはズレにズレ、会社と社員へのメリットを甘受出来るチャンスを潰されてしまったという、
会社組織という呪縛に囚われてた状況を嘆いていたんだなと理解させてくれます。

上記を私自身に置き換えると、現在の組織の中でもそういった経緯があったと耳にする事があります。
古き体質を重んじ、イノベーションを受け付けない人間が、近くに実在するとか驚きを隠せませんでした。

その他、HIU『堀江貴文イノベーション大学校』、ドローン・人狼・脱出ゲーム・イケダハヤト、など、
ドトール会で、そういった内容も含めて熱く話したかったのですが、
当日「99%の会社はいらない」を自宅に置き忘れるという失態をしてしまい、
ぼんやりと漠然とした薄い話をYさん頼りで進行してしまい、
現在この記事を書きながら猛省しているところであります。

今回のディスカッションは以上となります。
お代は1790円です。

2016年8月7日日曜日

イノベーションのDNA

 今回のドトール会は、イノベーションのDNAについてです。
 この著書は、「イノベーションのジレンマ」の著者でもある「クレイトン・クリステンセン」氏のほか、共著者である、ジェフー・ダイアー氏とハル・グレーガーゼン氏が破壊的イノベータについてより豊かな理解を得ようとする、8年にもおよぶ研究をもと書かれた本になります。著書の中にも多くのイノベーティブな起業家や企業が紹介されており、この研究をするにあたって、多くのインタービューを取っていることがわかります。

 インタビューと研究から、イノベータには、共通点があるということがわかったそうで、この著書の副題として「破壊的イノベータの5つのスキル」とあるように、本書では、下記の5つのスキルについて、実例を交えながら解説されています。
  1. 関連づける力
  2. 質問力
  3. 観察力
  4. ネットワーク力
  5. 実験力
今回のドトール会では、その中でも先ず実践すべきこととして、「質問力」について焦点を当てて、話し合いをしました。昔は、ベストであったものが今でもベストは限らないし、思い切った発想の転換が必要になる時がきます。その転換のきっかけを与えてくれるのが、まさに「質問」だと思っています。

 この著書の中では4つの質問の方法について記述されています。
  1. 「いまどうなのか」の質問をする
  2. 「なぜこうなった?」の質問をする
  3. 「なぜなのか?」「なぜ違うのか?」の質問をする
  4. 「もし〜だったら」の質問をする
    1. 制約を加える「もし〜だったら」
    2. 制約を取り除く「もし〜だったら」
 私が所属している会社でも、決められたことや、過去の実例に従い、確実に実行できる人はそれなりにいます。ただ、決められたことや過去の習わしに疑問を持って、取り組んでいる人は残念ながら少ないです。つまり、それは、成長、進歩や改善の鈍化の始まりだと思っています。
 この「質問」に関連して、私は大きく2つのことに注意をしています。
 一つ目は、「今のやり方、あり方に常に質問を投げかける」です。つい、現状がそれなりに回っているとこれでよいと思ってしまいます。しかし、本当にそうだろうか、もっとうまいやり方はないのだろうかと意識的に思うようにしています。成長し続けるためには、毎日何か改善したり、新しい取り組みをし続けなければならないからです。
 二つ目は、「他人の指摘や質問に対して、真摯に耳を傾ける」です。実は、これは意外と難しいことです。例えば、会社の運用プロセスを自分が構築し、うまく回っているとします。その自分の構築したプロセスに新しく入社してきた人が、より良い指摘やなぜこんなことをしなくてはならないのか、などの疑問をぶつけてきた場合に自分の成果を否定されていると思い、それを受け入れることができない心理が働いてしまうことがあると思います。たとえ、その指摘や質問が、よりよい成長を促し、よい方向へと変化するチャンスとなるにも関わらずです。(年長者や在籍期間の長い管理職に見られる傾向で、老害と言ってもよいかもしれません。)

 最後に、今回の会の締めくくりとして、宇宙に衝撃を与えるまでとはいかないかもしれないが、この本に書かれているとおり、先ずは行動を変えるところから始めようとなりました。その一歩は、はじめは煙たがられることもあるかもしれないが、「現状に異議を唱える」、「質問をする」というイノベーションに取り組む勇気をもっていこうということです。

 今回のディスカッションは以上となります。ドトール様へは、920円をお支払いしました。



2016年8月4日木曜日

ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード

D会第3回は「ゲームの今」を選びました。
今とは言いつつ2015年2月が初版ですので、PlayStationVRやポケモンGOなど最新の話題はさすがに拾えていませんが…
それでもこの書籍を選んだのは、以下2つの理由からです。

ゲームについて語る時、昔の知識で語ってしまう

本書の冒頭でも言われていることで、ほぼ同意です。
この本では「ゲームと◯◯」のような形で、ゲームにまつわる様々なジャンルが語られています。
興味のあるところを拾い読むだけでも「ゲームって今こんなことになってるのか」と、
自分の知識や感覚を更新していくことができると思います。

ゲームは総合エンターテイメント

著者いわく「広く浅く」がテーマだそうで、全く専門外のジャンルであれば
概要の紹介に留めてくれるのはむしろありがたいです。
私にとってはサウンドやグラフィックスの分野がまさにそうでした。

なお当日、実際にディスカッションを始めてみたところ、D会のメンバーはコアな方のゲーマーからそうでない人まで、
プレイヤーとしての温度差は様々で、そんな面々だからか、今現在最も触れる機会が多いであろうモバイルゲームの話題に収束していきました。

本著でもあちこちで取り上げられるモバイル…というかスマートフォンゲームですが、数年前から主な潮流だったネイティブアプリから、
ブラウザ上で実行、もしくはダウンロードするタイプのアプリでも実際はwebviewでhtml+jsを実行させるタイプのゲームが増えつつあるそうです。

AppleなりGoogleなりの審査をいちいち待っていては、アプリの迅速なアップデートなどできるわけもありませんし
html+jsの表現力も数年前と比べて向上しましたので、少し考えてみれば自然な流れかと思います。

なお私は主にブラウザゲームを遊んでいましたが、ブラウザゲームは主にFlashで実装されていました。
Perl+CGIで築かれたサーバサイドの遺産がPHPやRubyに少しずつ侵食されていったように、Flashゲームも少しずつ
モバイルと合わせてjsに置き換えられていくのかな…と感じています。

今回のディスカッションは以上です。
お代は1790円でした。

2016年7月13日水曜日

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用



毎週1回、一つの本についての発表とディスカッションを行う会(通称ドトール会)を開いています。
第2回の題材は「ALLIANCE」です。

本書では、シリコンバレーの多くの企業に取り入れらている「アライアンス」という雇用形態について書かれています。

本書で書かれている内容のうちで特に重要に感じたのは
 ・社員にネットワーク情報収集能力を求める
 ・ネットワーク情報収集能力をそだてるには
 ・会社は「卒業生」ネットワークをつくろう
 ・「卒業生」ネットワークの活かすには
の項目です。


ネットワーク情報収集能力を高めると、非公開ではないが有用な情報を得る得ることができます。
また、偶然に重要な人物に出会ったり、予想外のものを発見することもあります(セレンディピティ)
場合によっては、顧客を紹介してもらえるかもしれません。


卒業生ネットワークをつくることで、より客観的で率直な意見をもらえるなどのメリットが会社側にはあります。
このネットワークを作るにあたり、卒業生全員を招待するのか、それとも特定の(選ばれた)人物のみを招待するのか決めなければなりません。
人数の増加に伴い様々な問題が起こりやすくなります(他社への引き抜きが発生したりなど)
また、特定の人物のみを招待した場合、より強固で有力なネットワークを作ることができますが、招待されなかった人物からネガティブな行動を起こされる場合があります。
ただし、そのような人物は初めからネットワークに参加させないほうが良いため、卒業生ネットワークを作る際は、参加させる人物を選定したほうが良いでしょう。


その後、「なぜ日本ではLinkedinが流行らないのか」についての議論後起こりました。
それについては、
【デザイン上の理由】
 ・わかりにくい(登録するとどうなるかわからない)
 ・シンプルすぎる(日本人は自分のやったことをおおっぴらに自慢しない傾向がある)
【心理的な理由】
 ・登録すると転職活動をしていると思われる
 ・仕事探しのサイトにしか思われていない
 ・良い取引をしてくれる相手よりも、好きな相手と仕事をしたい
【国民性による理由】
 ・長期雇用を求める
 ・転職することで履歴書が汚れる
 ・仲の良い相手と仕事をしたい(サークル的、自分がやりやすいから)
などの理由があげられました。


本日のディスカッションは以上です。
最後に本日の会計は¥1,420でした。

2016年7月6日水曜日

ハーバードでいちばん人気の国・日本


 本日は、「ハーバードでいちばん人気の国・日本 (PHP新書)」についてディスカッションを行いました。

 amazonの内容紹介から引用すると、
日本の誇りである「新幹線お掃除劇場」からトヨタのすごさ、世界最古の先物市場・堂島米市場、そして福島第二原発を救った「チーム増田」まで、日本人が想像できないほど、ハーバード大学をいま「日本」が席巻している! 
世界最高峰の学び舎がハーバード大学であることに、異論のある人はいないだろう。だが、そのハーバードでいちばん人気のある国が日本、といわれて信じられるだろうか? その証拠に、ハーバードの学生が毎年主宰する日本ツアー「ジャパントレック」は、100人の定員が数分で埋まってしまうという! 
新興国の成長などに比べて目立たない印象もある日本になぜ、ハーバードは学ぶのか? 本書では、自らもコロンビア大学でMBA(経営学修士)を取得した著者が、ハーバード大学経営大学院の教授20人を直撃取材、その秘密を徹底的に聞き出した。
世界が絶賛した奇跡のマネジメントから「東洋の奇跡」の解明、じつはすごい日本人リーダーまで、彼らの語る「日本の強み」は私たち自身に誇りと自信を与えてくれるだろう。同時にそれはこれから日本が「課題先進国」として、世界でどんな役割を果たしていくべきか、というヒントにもなるはずだ。
ということだそうです。

 この本で紹介されている企業はどんな企業でしょうか?
 トヨタ、ホンダ、JAL、ANA、岩崎弥太郎(三菱)など古くは戦前からある企業ばかりです。
 GREEや楽天などの比較的最近の企業も載っていましたが、そこまで日本の新興企業は話題には挙がっていない節の記述も。。。

 先日、MicrosoftがLinkedInを262億ドルで買収しました
262億ドル(約2兆8000億円)は日本トップクラスの大企業の時価総額と同程度です。
Yahooファイナンス

 たった数年でそんな企業(サービス)ができてしまったことに驚くとともに、日本ではあんまりそんな話を聞かないな、と思います。

 日本はその国民性ゆえ、様々なネガティブな情報があります。
 内向き、出る杭を打つ、長いものに巻かれるetc...

 もちろん、日本人のポジティブな面もたくさんあり、そこが活きている企業もあります。
 本でも紹介されておりましたが、テッセイは素晴らしい事例だと思います。


 ただ、最近日本の製品やサービスが世界を席巻している例は少ないと思います。
世界で通用するような考え、働き方を模索するためにこの会は発足しました。
今後、色々なディスカッションを通し、ここでアウトプットしていきます。


余談ですが、三国志に登場する呂布は一騎当千の武将として知られておりますが、流石に人間。本当に千人も倒したわけではないでしょう。
ただ、大昔の人は栄養不十分から、身長が低かったと聞きます(140 cmくらい)。
そんな中で、200 cmの巨漢が長槍を持って現れたら、大人と小学生、もはや戦いにならないです。
そう考えると呂布が一騎当千だったのはあながち間違いではなかったのかな、と思います。

 本日は5人で5杯のコーヒー(+ パン)を購入したので、

 470円 + 670円 + 440円 + 220円 + 270円 = 2070円

を、ドトールさんにお支払い致しました。